結婚指輪はどう選ぶ?

結婚指輪はどう選ぶ?

婚約指輪はなくても困りませんが、結婚の証として結婚指輪は必要です。
結婚式を挙げる方も挙げない方も、9割以上の方が結婚指輪を購入しています。

■永遠の愛を意味する指輪
結婚の証として指輪を贈るようになったのは古代ローマ時代ですが、結婚式で交換するようになったのは11世紀頃です。
指輪は途切れることがない円なので、永遠の愛の象徴として多くのカップルが身に着けています。

■結婚指輪の選び方
結婚指輪は2人分の購入になります。
相場の価格は2人分で20万円ほどで、オーダーで作るともう少し加算されます。
シンプルでありながら個性のある結婚指輪を選ぶカップルが増えているので、結婚式を控えている方は最低でも8カ月前には準備をしています。
既製品だと3週間~1カ月、オーダーだと2カ月~3カ月の時間を要します。

■人気があるエタニティリング
最近の傾向として、婚約指輪と結婚指輪を兼用にしたエタニティリングを選ぶカップルが急増中です。
通常の形としては、シンプルな円にダイヤモンドをちりばめてあるものです。
ハーフエタニティといって、半分だけダイヤモンドをちりばめたタイプもあります。
宝石はダイヤモンドを選ぶ方が多いですが、他に好きな石があればオーダーで作ってもらえます。
普段のおしゃれリングとしても活躍するので、女性にとっては一石二鳥の指輪とも言えます。

婚約指輪と結婚指輪を別々に購入する場合は、重ね付けができる結婚指輪を選ぶといいでしょう。
結婚後は婚約指輪が日の目を見ないという方も多いので、一緒につけられるタイプだとファッションリングとしても利用できます。

    Copyright(C) 初めての指輪を選ぶ為に All Rights Reserved.